• TEAM

田嶌監督 飯能サマーカップ総評

飯能サマーカップ総評


コロナ渦の影響で3年生が全員引退し、今回が1・2年生で活動再開後初めての対外試合となった。


TOPについては、3年生を擁する相手に勝利こそ遠かったが、初戦の東野戦から自分たちが準備してきたことを私の想像以上に発揮し、4日間でチーム・個人の成長を感じさせた。特に佐々木(2年生)は初戦途中出場からミスの少ないプレーを積み重ね、チームに落ち着きを与え、スタメンの座を掴み取った。今大会、陰のMVPといってもいいだろう。


アタッカー陣は面白い。井上(2年生)は小柄ながら、動き出しの良さが際立ち得点を重ねた。小林(2年生)はスピードと緩急をつけたドリブルで相手の脅威となり得点を量産した。滝澤(2年生)はクイックネス・テクニック・インテリジェンスを生かし、得点こそ生まれなかったが多くのチャンスを創出した。坂巻(1年生)は身体能力が高く、しなやかさもあり得点でも結果を残した。加藤(1年生)は裏への抜け出しの意識が強く、パワフルだ。この中の誰がFREEDOMのエースになるのか、はたまた別の選手が頭角を現すのか、非常に楽しみである。


中盤では前述の佐々木の他、山下(2年生)の運動量が際立った。広田(2年生)は視野の広さと精度の高いキックでチャンスメイクした。期待の1年生、宇田川は得点こそ奪えなかったがアシストで貢献した。(宇田川には)規格外の選手になってほしい。工藤(2年生)はボールタッチが柔らかく、2日目の志木戦では途中出場から同点ゴールを叩き込んだ。益塚(2年生)は初戦のスタメン出場以降、佐々木にポジションを奪われる形となったが、4日目の坂戸西戦で豪快な左足シュートを突き刺した。工藤と益塚にはコンスタントにパフォーマンスを発揮する力を身に付けていってほしい。


両サイドバックの岡本(2年生)、小澤(2年生)はプレッシャーを受けても物怖じせず、ビルドアップの起点となった。岡本は得意のドリブル突破(少々持ちすぎるところは改善点)でチャンスを作った。小澤は体力面の不安があったが、良い意味で期待を裏切りオーバーラップを繰り返した。


センターバックでは早くも2人の1年生がレギュラー級の活躍をした。大橋は身体能力が高く、技術もあり責任感が強い。今後、さらにリーダーとして成長してくれるだろう。渡辺は負けん気の強さがプレーに現れ頼もしい。リスクの管理とプレーの正確さが向上してくれば、さらに頼れる選手になるだろう。今大会はリザーブに甘んじた2年生の三箇、山野にも意地がある。今後に期待したい。


ゴールキーパーも1年生が頭角を現した。川尻は高校入学後にGK転向を志願した元フィールドプレーヤーだ。まだ始めて1ヶ月しか経たないが、向上心が強く努力を惜しまない。よく声を出し、